賃貸住宅の管理業務は、資産運用などで賃貸アパート投資や賃貸マンション投資をはじめる方が増えてきているため、重要度がアップしています。
しかし、賃貸住宅の管理業務には、専門的な知識が必要になりますので、需要と供給のバランスが崩れている状況です。
そういった状況を打破し、将来的に賃貸関連の需要の高まりにも対応できるように生まれたのが、賃貸不動産経営管理士という資格です。

賃貸不動産経営管理士は、2020年にできたばかりの新しい資格です。
そのため、他の不動産関連の資格と比べて、試験内容などが不安定な状況です。
突然に試験の難易度が高まる可能性がありますし、逆に難易度が簡単になりすぎる可能性もあります。
難易度的には、他の不動産関連の資格試験と比べて低いといわれていますが、まだまだ歴史の浅い資格ですので、油断は禁物です。

賃貸不動産経営管理士の試験では、賃貸住宅の管理受託契約や賃貸物件の管理、賃貸物件の経営などの知識が問われます。
しっかりと試験対策をすれば、誰でも合格できる可能性のある内容となっていますが、マニアックな内容が多いので、効率的に勉強する必要があります。
不動産ココには、おすすめの動画講座などが紹介されていますので、参考にしてみてください。

賃貸不動産経営管理士 ー 「国家資格になった賃貸不動産経営のプロ」の概要と試験攻略の解説【不動産ココ】