M:CPPは、Morgenrot Computing Power Poolの略称になります。
M:CPPは、RenderPoolというクラウドレンダリングサービスで有名にうなったモルゲンロット株式会社です。
モルゲンロット株式会社は、2019年4月9日に設立して以降、コンピューティング・パワーの分野でメキメキと頭角を現している会社です。
M:CPPが提供しているのは、AMD社製のハイエンドモデルGPUを、インターネットを介して使用することができるクラウドGPUサービスです。

他の企業が提供していたクラウドGPUサービスは、非常にコストパフォーマンスが悪く、一部の企業でしか使用することができませんでしたが、M:CPPのサービスは、非常にコストパフォーマンスに優れていて、大企業でなくても、中小企業や個人事業であっても使用することができるようになっています。

M:CPPのサービスは、使用する頻度や目的などに合わせて、適切なサービスを提供することができるように、幅広いプランが用意されています。
用意されているプランは、ULTRA PERFORMANCE、HIGH CLASS、MIDDLE CLASS、LOW COSTの4つになります。
それぞれインスタンスタイプやCPUモデル、メモリ、CORE数、GPUモデルや数などが異なっていますので、使い方に合わせたプランを選ぶことができます。

https://jp.morgenrot.cloud/blog/what-is-gpu-cloud/